めまい・腰痛・生理痛治療専門!横浜・関内で整体・カイロ院をお探しの方

FrontPage

横浜近くでお困りではありませんか?

当センターには、様々な不調を抱えた方がいらっしゃいますが、
2ヵ月以上継続された場合、90%以上の方が改善しています!


auto-psxx59.jpg

[check] 何か月も整形外科に通っているが治らない

[check] マッサージを受けてもすぐ戻ってしまう

[check] 前屈したり反ったりすると腰が痛い

[check] 朝起きた時は身体がこわばっている

[check] 整形以外でどこに行けばいいの?

[check] 根本的な施療方法を探している

[check] 症状の詳しい説明が聞きたい

[check] 最新の施療方法に興味がある

[check] 横浜で健康長寿で過ごしたい

[check] 手術をしようか迷っている!



当院は「痛み」をごまかすその場限りの施術ではなく

整形外科とは違った見方で症状に対してアプローチする

原因追求型」施療院です!!


auto-zIwQ5J.png

『手術と言われたすべりが!』


ank002.jpg

「個人の感想であり結果を保証するものではありません」

『もう治らないと思っていたヘルニア。まさかの完治!』


関内整体喜びの声


『原因不明の症状が無くなりました!』



056.jpg

「個人の感想であり、成果を保証するものではありません」


その他の喜びの声実際の症例リンクをご覧ください。



◆ まずは、国が発表した「国民生活基礎調査」をご覧ください ◆


痛み患者

資料「TMS-JAPAN」


最新の外科的手術法やレントゲンやMRIなどが開発されているにも
関わらず、腰痛・肩コリ患者は年々「激増」しているのです。



なぜ慢性的な痛みを持つ方が増えているのだろう?

疑問



大学病院でも治らない?!痛みの原因とは?


院長

はじめして。
けんこうカイロプラクティックセンターの青柳大士と申します。


私は「診療放射線技師」として医療の世界に入りました。横浜市内の大学病院で5年間、様々な検査に携わり、特に整形外科系の検査を中心に働いてきました。


そんな中で、腰痛に苦しむ方が多いこと、最高峰の医療機関である大学病院ですら治っていない方が多いことに気が付きました。


また、私自身も交通事故の後遺症と診断された腰痛で苦しんでいました。

もちろん、自分の勤める大学病院で診てもらいましたが、手術の適応はないという事で放置されていました(笑)

(その時知りましたが、大学病院というのは手術をする病院なので適応外の患者は基本的に診ないのです。)


腰痛横浜



レントゲンを撮ると、多くの腰痛を持つ患者さんは腰椎がズレています。

そして、当時の整形外科では『骨がずれているのが原因だ
椎間板ヘルニアが原因だと当然のように言っていました。

私もそう言われました。


レントゲン


今となっては笑い話ですし、恥ずかしい話ですが、




それならば、カイロの手技でボキッと矯正して、骨のズレを直せば
腰痛がよくなるはずだ!!


多くの腰痛で困っている方を救えるはずだ!!



と思いこんで、横浜のカイロ専門学校に入りました。


auto-hrC0z7.jpg


ところが、実際にカイロを学んでみると、どうも感じが違いました。

カイロは「神経」を治す?

「ズレ」を矯正するわけではない?

そもそもボキッと矯正しても「骨のズレ」が変わるわけではない?


じゃぁ、なんで治るの?


auto-xfq211.jpg


それから様々な勉強をして、

『骨のズレや椎間板ヘルニアは痛みの原因ではない』

ということが分かった時に私の人生が変わりました!!


痛みのメカニズムを知り、施療法を日々改良し、『20000人』を超える
患者さんをケアしてきました。


今では、「痛みの専門家」として、主に横浜市内で正しい痛み情報を発信するセミナーを開催しています。


s_AM2010.png


お伝えしている内容は私が学び始めた10数年前にはまだ知る人が少なかった
本当の痛みの原因についてです。



お客様の声

『歩くと激痛が走っていましたが一度の施術で・・』


ank001.jpg

「個人の感想であり効果を保証するものではありません」



なぜ整形に通ってもあなたの痛みは治らないのか?


d381698a.jpg


今、痛みの考え方が劇的に進化しています!



3.png


上記の感想をくださった方も、整形外科では誤った痛みの原因のもと、
施療を受けられていました。


1ヵ月以上も整形のリハビリに通い、電気をかけたり、腰を牽引したり、
マッサージを受けても良くならない方や薬や湿布だけもらって、結局
良くならずに当院に来院される方がたくさんいらっしゃるわけですが、



【近年、痛みに対する考え方が大きく変わろうとしています】


ko.jpg

2012年に日本整形外科学会と日本腰痛学会により、科学的根拠に基づいた現時点における適切な予防・診断と適正な施療法を示す目的で『腰痛診療ガイドライン』が作成されました。



その『腰痛診療ガイドライン』によると現在の整形外科では、腰痛の85%は原因が解らないと明記されています。 


『つまりあなたが身体の痛みで整形外科に行っても

85%以上がなぜ痛いのかが分からないのです!!』



ceb93673.png


整形外科での痛みの診断基準はレントゲンやMRIの画像を見て
その写真の中で痛みの原因を探します。


そしてその画像を見ながら痛みの原因について説明します。


例えば・・・

  • ヘルニアで神経が圧迫しているから痛い
  • 軟骨が擦り減っているから痛い
  • 骨盤がズレているから痛い
  • 歳だから上手く症状と付き合うしかない



つまり「目に見える異常」が痛みの原因とされるわけです。


画像の説明       画像の説明


でも・・このような経験はありませんか?


腰痛関内

[check] 両膝が変形しているのに片方しか痛くない

[check] レントゲンの異常部位と痛い所が違う

[check] レントゲンでは異常がないのに痛い

[check] 変形があっても痛い時と痛くない時がある

[check]変形があってもお風呂に入るとラクになる

[check] 整形外科のリハビリに通っても良くならない



整形外科での説明には多くの矛盾があります。

最近では、テレビ・雑誌などのメディアにも正しい情報が取り上げられて
新しい痛みの考え方」が知られるようになりました。



NHKクローズアップ現代で特集されました!


NHKクローズアップ現代

「今春、厚生労働省は驚くべき調査結果を発表した。国内の2800万人が腰痛に苦しんでいることが、全国調査で判明したのである。しかもその8割が原因不明であることも明らかになった。こうした中、日本整形外科学会など関係学会はこれまでの腰痛施療の常識を覆す「ガイドライン」を発表した。発症から72時間未満の急性腰痛の場合でも「安静は必ずしも有効な方法とはいえない」と明示。さらに多くの腰痛の原因は「心理的・社会的ストレス」だとし、日常生活の改善こそが腰痛予防につながるとされたのである。今、腰痛施療の現場は、心療内科医とチームを組んだ体制が作られるなど、大きく変わろうしている」 NHKクローズアップ現代より



お客様の声

70代 女性 『あの日思い切ってドアをノックして本当によかった』


auto-psIuo0.jpg

「個人の感想であり結果を保証するものではありません」


では本当の痛みの原因とは?



では「本当の痛みの原因」はなにかと言いますと・・・


先生


まず急な痛みの場合、『炎症』による痛みなのか、筋肉が硬くなってしまって
起こる『筋肉性』の痛み、もしくはその両方に分けられます。


auto-FSfJdA.jpg

出典 「日本ケミファ」


ぎっくり腰や寝違いなどの急性の痛みがそれに該当します。


横浜ぎっくり腰

動いていなくても「ズキズキ」したり、「ズ~ン」と鈍痛があったりすれば炎症が起きている可能性があります。




この場合は「炎症物質」が痛みの原因ですから本来であれば時間と共に痛みも治まりますし、病院ではロキソニンなどの「痛み止め」(炎症を抑える薬)を処方してもらえるでしょう。


しかし当院に来院されるほとんどの方々は、「ズキズキはない」

「じっとしていれば痛くない」と言われる方なのです。



つまり炎症による痛みではないことが多いのです。なので
炎症を抑えるようなロキソニンを飲んでも効果を感じる方は少ないのです。



そしてほとんどの方は「動いている時」や「何かやっている時」に痛みを感じることが多いようです。



画像の説明

[check] 腰を反ると痛い
[check] 腰を前屈させると痛い
[check] 首を倒すと痛い
[check] 腕を挙げると痛い
[check] 寝返りすると痛い
[check] 立ち上がる時に痛い


などなど・・



いわゆる「動作痛」です。 




これは「筋肉」が痛みの原因なのです!!



そしてここからが大事なことですが・・・・


先程、整形外科の痛みの診断はレントゲンによる「画像診断」と説明しましたが、レントゲンは骨は映りますが、「筋肉」は映らないのです。



s_hiza22.pngauto-5HKnd5.jpg


なので、


by_2.jpg


レントゲンには筋肉は映りませんので、多くの整形外科ではこの「筋肉」が痛みの原因であるとは考えないのです。




筋筋膜性疼痛症候群をご存知ですか?


椎間板ヘルニア坐骨神経痛膝痛頭痛


筋筋膜性疼痛症候群(MPS)とは筋肉のコリが原因で痛みやしびれを引き起こす病気です。


上記の絵で説明すると椎間板ヘルニアと診断されて方の本当の痛みの原因は腰の筋肉が痛みの原因であったり、坐骨神経痛と呼ばれるお尻から足にかけてのツッパリ感やしびれは神経痛ではなく、お尻の筋肉が原因であったり、膝の痛みも変形や軟骨のすり減りが原因ではなく膝を動かす筋肉が痛み原因であることが多いのです。



しかしこのMPSの存在自体が日本ではまだあまり知られていなく、レントゲンや血液検査など目に見える異常としては現れてこないので、筋肉の痛みをご存じない医療機関では見過ごされているのが今の日本の現状です。



  • ヘルニアが飛び出ているので痛い
  • 神経が触れているので痛い
  • 背骨がズレているので痛い
  • 軟骨がすり減っているので痛い
  • 筋肉が弱くなっているので筋力をつけなさい
  • ぎっくり腰になったら安静にすること



あなたがこのような説明を先生から聞いたのであれば、もしかしたら時代遅れの施療を受けられているかもしれません。

横浜膝痛


しかし最近では一部の整形外科医や麻酔科医の先生方は従来の痛み施療では
なく、「新しい痛みの考え方」に基づいて施療されています。


またテレビや書籍、健康雑誌にも特集として取り上げられいます。


ダウンロード (9)ダウンロード (16)ダウンロード (20)


70代男性『7年もの坐骨神経痛が!』


「個人の感想であり、成果を保証するものではありません」

img032.jpg


ank002 (1)



当院ではどのように施術するのか?



整形外科、カイロ、整体、鍼灸、アロマ、マッサージと世の中に様々な施術方法が
ありますが、それらと「けんこうカイロ」の決定的な違いは、けんこうカイロ
では、歪み・ズレを施術するのではなく、根本的な原因に対してアプローチするところにあります。


神経

[check] 整形外科=骨(変形・老化)

[check] カイロ=関節(ズレ・歪み)

[check] 整体、マッサージ=筋肉(コリ)

[check] けんこうカイロ=筋肉ー神経ー脳の関係性




に対してアプローチします。

変形、ズレ、歪み、コリは「結果」であって、
原因」は神経の働きの低下なのです。



原因) 神経系の低下→筋肉のコリ→歪み→変形 (結果



なので、けんこうカイロでは神経系に対してアプローチします。


s_auto_NSu7Xr.png



ガチガチの肩こりや辛い腰の筋肉をいくらマッサージしても、その筋肉を
コントロールしている神経系が緊張していたら、時間が経てばまたガチガチの筋肉に戻ってしまいます。



         

関内肩こり


そこで、筋肉をコントロールしている神経系にアプローチするのが、

アクティベータ療法



施療基準は神経系の働きに異常があるか無いかです。


30代 女性 『様々な不調が解消・・・』



056.jpg




50代 女性 『独特な施術法に正直本当にこれで効くのかなと・・』



img020_1.jpg


50代 女性 『1回目でしびれの感覚が柔らいだ・・』


喜びの声16


50代 女性 『エッ?!これが施術?!と思いましたが・・』


声


「個人の感想であり、成果を保証するものではありません」


アクティベータ療法 はこんな施術法です


出典 ANJ (http://www.activator.gr.jp/



530164_10150977185762058_643951734_n.jpg


世界陸上金メダリスト・ボルト選手もアクティベータ療法のケアを受けています


こんな症状の方々が良くなられました!


筋骨格系

[check] 腰痛  [check] ぎっくり腰  [check] 肩こり  [check] 膝痛  [check] 寝違え  [check] 椎間板ヘルニア
  
[check] テニス肘 [check] ゴルフ肘  [check] 背中痛  [check] 首痛  [check] 関節痛   [check] 坐骨神経痛 

[check] すべり症  [check] 脊柱管狭窄症  [check] バネ指  [check] 50肩  [check] 股関節痛 など

自律神経系

[check] 頭痛  [check] めまい  [check] 不眠症  [check] 冷え性  [check] 難聴  [check] 耳鳴り

[check] なんとなくだるい など

消化器系

[check] 腹痛  [check] 便秘  [check] 下痢  [check] 胃もたれ など

免疫系

[check] 花粉症  [check] 鼻炎  [check] アトピー  [check] 蕁麻疹 など

その他 

[check] 生理痛  [check] 生理不順  [check] 高血圧  [check] パニック障害  [check]ストレス障害 など


当院はこんな雰囲気の施療院です


画像の説明画像の説明



当院の場所 横浜JR石川町(北口)徒歩3分


map_2.jpg


けんこうカイロへの詳しい行き方→場所


料金

キャンペーン

ご予約のしかた



kenkou_TEL.png




通院されている患者様が適切な通院期間を保てるようにご新規様の
受け入れに人数制限を設けさせて頂いております。


大変申し訳ございませんが、ご新規さまの施術は毎月20名までと
させていただいております。


大変込みやすくなっておりますので、どうぞお早めにお電話ください。


予約


 なお、お電話はご予約のみの受付です。常に施術中のため、どのような事をするのか、こんな症状は治るのか等の説明・相談はお断りしております。
アクティベータ療法心身条件反射療法実際の症例喜びの声等のページを詳しく読んでも分からず、どうしても施術前に詳しい説明を受けたい場合はお時間を指定させて頂いて有料となりますので、ご了承下さい。




t:13 y:34

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional