スマホ中毒 ・ゲーム依存症

スマホ中毒・ゲーム依存でお困りではありませんか?


auto-psxx59.jpg

[check] 眠れない!

[check] 不登校(不出勤)である!

[check] 遺伝性ではない二次性発達障害である

[check] 集中力がない。学力が伸びない。

[check] 片時もスマホを離せない

[check] 眠りが浅く、疲れが取れない

[check] 一日仕事を含め、6時間以上PC等を見る

[check] 慢性的に目が疲れている

[check] 慢性的に自律神経系がおかしい

[check] 慢性的に頭痛がある

[check] 最新の脳科学的治療に興味がある

[check] なぜか体調がすぐれない

[check] どこに行っても治らない症状がある



けんこうカイロプラクティックセンター横浜では、サイエンスに基づいた脳神経系機能テストを行い、脳の働きを正常に戻すことでスマホ依存・ゲーム依存による不眠・不登校・不定愁訴を取り除くケアをしています。

「症状」をごまかすその場限りの施術ではなく

科学的な見方で原因に対してアプローチする

原因追求型」施療院です!!

スマホ中毒・ゲーム依存症とは何か?

近年、スマートフォンの普及とそれに伴うスマホ・ゲームの依存症が激増して社会問題になっています。

特に問題なのが、子供の不登校と二次性発達障害です。

一般的に依存症というのは、仕事・食事・薬物・SEX・ギャンブルの5つに分類されていましたが、WHOにより新たにスマホ・ゲーム依存症が認定されました。

発達障害は2012年調べで6.5%だったのが、2017年調べでは小学生の10~13%が発達障害です。

実に10人に1人以上になっています。

そのうち、スマホによる二次性発達障害がどの程度含まれているかはハッキリしていませんが、ここ数年の発達障害児の激増を見ても相当な割合になっていると思われます。

多くの国では対策を取っているのですが、日本ではまだ放置されているのが実情です。

当院では機能神経学を軸にした、科学的な手法により、依存症のケアとそれに伴う不登校や二次性発達障害をケアを行っています。

スマホ依存・ゲーム依存の実態

2012年に発表された研究によると、ゲーム依存に陥った人の脳をMRIで調べると、眼窩前頭葉・前帯状回・外包・脳梁等の大脳灰白質で神経ネットワークの統合性の低下がみられたそうです。

これは、麻薬中毒患者で起こっていることと同じです。

眼窩前頭葉はやってはいけないことにブレーキをかけたり、報酬が得られる行動に意欲を示したり、善悪や価値判断をする重要な領域です。

前帯状回は共感性、痛みや危険の認知、感情の調整を行います。
中毒者に特有の渇望にも関係する部位と言われています。
前帯状回の働きの低下により、他人に無関心で冷淡になったり、うつ、情緒不安定、注意力低下状態になります。

外包の神経線維の機能低下は無気力で自閉的な傾向が強まったり、人格が変わったようになるなど、統合失調症の人に見られる兆候です。

つまり、スマホ・ゲーム依存症になると、
①意欲や快感、善悪の判断価値観に関わる報酬系
②社会性や共感性、情緒の領域
③注意、記憶、遂行機能などの認知に関わる領域
に働きの低下が起きてしまいます。

主な症状は
①朝起きられなくなる(不登校・不出勤)
②二次性発達障害により、発達障害様症状が起こる
③知覚推理、作動記憶、処理速度など物事の遂行機能が低下する
④注意力が低下し、ミスが多くなり、仕事や勉強を処理できなくなる

けんこうカイロプラクティックセンター横浜では、科学的な検査と施術法により、それらの症状を改善します!



【主に行う内容】
①大脳機能(特に前頭葉)の機能回復の為の施術とリハビリ指導
②適応障害に対するストレスケア
③身体機能の不調に対するケア
④依存症に対するアディクション・ケア


これらを組み合わせて、クライアントさんの状態に合わせてプログラムを組んでいきます。


1クール料金25万円(税別):1クールは二ヶ月間

ゲーム依存は麻薬と同じ

スマホ・ゲーム依存症は現代の子供たちに特に深刻な影響を与えています。

スマホ・ゲーム依存症の人の脳内では、麻薬中毒者と同じ事が起こっていることから

「現代のアヘン」


「デジタル・ヘロイン」

などと呼ばれています。



ゲーム依存症は何らかの適応障害からスタートしていると考えられています。

依存症は大した努力もなしに報酬を味わえるから起こります。

何かに適応できずに望んだ報酬を得ることができなかった。

→簡単に報酬を得られるゲームに依存してしまった。と考えられます。

主な身体症状は
①朝起きられなくなる(不登校・不出勤)
②二次性発達障害により、発達障害様症状が起こる
③知覚推理、作動記憶、処理速度など物事の遂行機能が低下する
④注意力が低下し、ミスが多くなり、仕事や勉強を処理できなくなる。

依存症の改善には注意が必要で、期間や重症度によっては離脱症状があります。

多くはゲームがどうしても我慢できなくなったり、息苦しくなったりの問題ない症状です。

文献によると、意味もなく暴れたり、中には自殺してしまった例もあるそうなので、注意が必要です。
(当センターの症例では重篤な離脱症状が出たことはありません。)

無理に禁止するだけではなく、心身・脳のケアを適切に行いながら離脱させることで、離脱症状は軽減されると考えられ、当センターの施術が有用であると考えています。

どのように治療するのか

以下の方針は、全ての依存症に共通します。
どのように組み合わせるかが、腕の見せ所となります。

【主に行う内容】
①大脳機能(特に前頭葉)の機能回復の為の施術とリハビリ指導
②適応障害に対するストレスケア
③身体機能の不調に対するケア
④依存症に対するアディクション・ケア


これらを組み合わせて、クライアントさんの状態に合わせてプログラムを組んでいきます。


1クール料金25万円(税別):1クールは二ヶ月間

殆どの場合、2クール終了時には効果が出ています。

本当に大丈夫なの?

 けんこうカイロプラクティックセンターでは依存症の
患者さんの施術経験が豊富です。


現在のところ、全員、社会生活に復帰し、支障なく生活できています。


横浜・関内・石川町で「依存症」でお困りの方で
根本的な施療をお探しでしたら、まずは当院にご来院ください。


関内腰痛改善



ご予約のしかた




kenkou_TEL.png



運動



横浜 JR石川町駅(北口)より徒歩約3分


けんこうカイロプラクティックセンター
〒231-0025 横浜市中区松影町2-7-21 社会文化会館2F電話番号 045-662-8716


JR石川町駅(北口)からの道のり


石川町北口

JR石川町駅の北口を出てください


改札出て右

改札口を出て右側に進んでください

歩道に出たら、右に曲がってください


信号手前まで直進

信号手前まで直進してください

信号を渡らずに手前を左に曲がってください


信号手前を左折

ガードレールをくぐってまっすぐ直進してください


まっすぐ直進

ローソンまで直進してください


信号渡って左折

ローソン前の信号を渡ってください。

左前方に「社会民主党」と書かれた看板のあるビル2階です


けんこうカイロプラクティックセンター

石川町駅(北口)から約徒歩3分で到着です!


ご予約のしかた



kenkou_TEL.png




通院されている患者様が適切な通院期間を保てるようにご新規様の
受け入れに人数制限を設けさせて頂いております。


大変申し訳ございませんが、依存症の方の施術は毎月2名までと
させていただいております。


大変込みやすくなっておりますので、どうぞお早めにお電話ください。


予約


 なお、お電話はご予約のみの受付です。常に施術中のため、どのような事をするのか、こんな症状は治るのか等の説明・相談はお断りしております。
アクティベータ療法心身条件反射療法実際の症例喜びの声等のページを詳しく読んでも分からず、どうしても施術前に詳しい説明を受けたい場合はお時間を指定させて頂いて有料となりますので、ご了承下さい。