ASS調整法

ASS調整法は、院長・青柳が独自に開発した、症状の原因を検索して調整する方法です。

私は施術の目的として、けんこうを構成する3要素としての
1.フィジカル(筋・骨格・神経系)
2.エモーショナル(心理的・社会的ストレス・トラウマ) 
3.ケミカル(栄養の過不足・アレルギー) 

それらを総合してコントロールしているエネルギー系である
4.オーガニック・エナジー(経絡・チャクラなど身体内外のエネルギー) 
の充実を掲げています。

3つの要素に異常が起こると、体内の環境が悪くなり、様々な病気や症状の原因になったり、回復を遅らせたりします。

これらが正常になると、身体の自己治癒力が十分に働き、単に痛みや症状が回復するだけでなく、病気が奇跡的に快復したり、そもそも病気になりにくくなったり、いいことずくめです。

これはどちらかというと身体のケアと言えるでしょう。

4.オーガニック・エナジーが滞ると、身体と環境との関係性が悪くなります。

身体は元気なのにどうも色々うまくないとか、強くはないけれど常に何かしらの症状を感じる、どこも悪くないのに不妊である、なぜか運が悪いなど、身体のシステムの問題だけではない悩みが出てきたりします。

皆さんがお困りの症状の原因は、ほとんどの場合、3要素の異常とオーガニック・エナジーの異常、それらが複合した状態のいずれかに含まれます。

この分類は当センター独自のもので、一般的に通用するとは限りませんが、現代の医学でも否定できる事ではないと考えています。

皆さんがお持ちの症状や不調の原因は、殆どの場合は複合していて、フィジカル60%、メンタル20%、ケミカル10%、オーガニックエネルギー10%などのように、4つの要素が絡み合って異常を起こしています。

ところが多くの方が、痛いところだけが悪いと考えて当センターに来られます。

腰痛の方は腰が悪い、腰椎に椎間板ヘルニアがあると言われた、脊柱管狭窄があると言われた、すべり症があると言われた・・・。

膝痛の方は膝が悪い、変形性膝関節症と言われた、半月板が壊れてると言われた、軟骨がすり減ってると言われた・・・。

めまいの方は三半規管の異常や耳石が落ちたのが悪いと言われた・・・などなど。

そして、それを何とかして欲しいと思って、来院されます。

その考えは誤りではないですが、正確ではありません。

痛いところが悪いという考え方は、みなさんは1.フィジカルの異常で症状があると思っているという事です。

複合しているなりにフィジカルの異常の要素が60%やそれ以上強ければ、クライアントさんの思いと我々に期待することがマッチするのでいいですし、急性症状の多くはこのパターンです。

しかし、症状が慢性化していたり、繰り返し起こったり、動かさなくても痛いなどの症状は、2.エモーショナルの問題がメインだったり、3.ケミカルの問題がメインだったり、4.エネルギー異常がメインだったりして、若干ややこしくなってきます。

痛いところが悪いわけではない!
原因はほかのところにある!と説明し始めると、怪しい変な治療院だと思われそうなので、あまり直接お話はしませんし、このページ以外には詳しく載せていません。

たまたま、目についた方は全く理解できなかったとしても、不思議なことがあるもんだと思って楽しんで下さい(笑)

私は結果として、クライアントさんの改善したい症状を取ることが大切だと思っています。

私が行っている施術の内容まで詳しく理解して頂かなくても大丈夫です。

知りたい方は聞いて頂いて構いませんが、なんか不思議なことしてるなー、くらいに思っていて頂くとありがたいです。

勉強会でプロだけでなく、一般の方でも理解できるように教えていますので、興味&機会があれば参加してみて下さい。

私は【痛いところだけが原因じゃない可能性】を考えながら、原因を探索して施術していると思って下さい。

以下はASSの考え方をちょっこしお教えします。

【工事中】