めまい・腰痛・生理痛治療専門!横浜・関内で整体・カイロ院をお探しの方

症例報告④

症例報告④

【60代男性(外国人) 左下肢痛 VAS:5】

4か月前から続く左下肢痛。大腿内側部の痛みが強く、座位後立ち上がりが最も辛い。
車の乗降時には自身で左足を持って支えないと乗れない、降りられない。
立位で体幹の右回旋時にも痛い。
左股関節ROM低下with Pain.
(日本語が話せないので筋力テスト他は省略)

内転筋部の痛みですが、症状と訴えから股関節屈筋群の異常が示唆されます。
アクティベータメソッドでベーシック+骨盤・股関節を矯正したあと、大腰筋・腸骨筋・中殿筋のトリガーポイントを調整。

初回でVAS5⇒3.

二回で痛みと日常生活動作はほぼOKになりました。
ROMも正常程度に回復しましたが、最大可動域で痛みが軽度残るとのこと。
それはハムストリングの矯正で消失しました。

【歩くのが早くなって、ついていけないのが久しぶり!】(奥様談)

シンガポール出張時に医師に診察を受け、カイロプラクティックがいいのではないか、と言われたため、帰国後カイロプラクティック院を探して来院されたとのこと。
そういう医師が日本にももっと増えるといいですね!!

コメント


認証コード8799

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional