脊柱管狭窄症の症例報告/横浜脊椎管狭窄症専門けんこうカイロ

本日は脊柱管狭窄症と診断されたクライアントさんの症例報告です。

脊柱管狭窄症の症状以外にも両股関節にも痛みをかかえられていました。

検査をしてみると、姿勢検査では右側に違和感。右中殿筋と右大腰筋及び腸腰筋に力が入りにくい。ケンプテストでも右側に反応が出ました。

間欠性跛行は無く動作による痛みが強いとのことでした。股関節は両方とも内旋制限が強く、骨盤も後弯気味でした。

以上をふまえて施術をさせていただきました。まずは身体の捻じれを矯正するために、ファストストレッチで身体の捻じれを戻しました。

次は神経系の働きを正しくするためにアクティベータ療法での施術を行いました。

それと中殿筋、大腰筋、腰方形筋などの筋肉をほぐしました。最後にリハビリの運動をアドバイスさせていただき、本日の施術を終了しました。

次回、症状がどう変化しているかが楽しみです。

コメント


認証コード7463

コメントは管理者の承認後に表示されます。