めまいの症例報告パート2/横浜めまい専門けんこうカイロ

先日来院されためまいのクライアント様の症例報告です。
2012年に脳出血されて、脳出血の後遺症とめまいが残っているとのことです。

【初回】
今回はめまいの症状の緩和のためにいらっしゃいました。そのうえで左半身の麻痺やツッパリ感が和らげば、良いとのことです。

めまいの症状は、フワフワ感と夜暗くなるとめまいが酷くなるとのことでした。

右大脳半球の出血の為に左半身麻痺している影響で左小脳からの入力が少なくめまいが起きていると仮定して、施術をさせていただきました。

まず最初は身体の捻じれをリセットするために、ストレッチを行いました。その後に、アクティベータ療法で施術をさせていただきました。

施術後はいつもに比べると体重を両足にかけやすいとの感想をいただきました。

【5回】
少し間が空いてしまいましたが、症例報告をさせていただきます。めまいの状態は、2度目にいらっしゃった時にはだいぶ改善されていました。

今回で5回目の施術でしたが、もう仕事には復帰されているそうで8時間労働されているそうです。そのせいか、仕事の後半には肩の張りが強くなり、めまいがおきやすくなるそうです。

それ以外は起床時や以前強かった暗いところでのめまいは、だいぶ少なくなってきたそうで良かったです。アクティベータ療法は素晴らしいです。

【6回】
本日は6回目の施術でした。めまいは日に日に良くなっているそうで、日常生活ではほとんど気にならないようになっているそうです。

ただ、ずっと横になった状態から起き上がるとめまいが起きるのと仕事の後半になるとめまいがするのを、改善したいと思います。

良かったことは、3年間良くならなかっためまいがけんこうカイロプラクティックセンターのおかげで、良くなったと喜んでいただけたことです。

コメント


認証コード5814

コメントは管理者の承認後に表示されます。