腰痛の症例/腰痛専門けんこうカイロ

腰痛

 病院での診断は、ヘルニアと診断される。

 年齢:40代女性

 主訴:2月位から痛み出して、痛みが強く歩くのも大変になるほどでした。飛行機に乗った後、立ち上がるときや前屈姿勢の時に痛みが増してきたので、来院されました。

【検査】

 SLR(左)左下腿外側、左側背部の感覚が鈍い

 中殿筋(左)大腰筋(左)長母指伸筋(左)の筋力低下

【施術の方針】

 アクティベータ療法とトリガーポイント療法

【1回目】

 本日はアクティベータ療法とトリガーポイント療法で施術しました。座位の時の臀部から大腿部にかけての痛みは残るが、左右の足の感覚の差は改善されました。

【2回目】

 前回の治療後痛みは半分くらいに減少する。起床時の痛みと前屈位の痛みが残る。
 今回もアクティベータ療法とトリガーポイント療法で施術しました。
 特に、中殿筋のトリガーポイントを施術をさせていただきました。

【3回目】

 今回は起床時と前屈位の痛みは前回より減少していたので、前回と同様にアクティベータ療法とトリガーポイント療法で施術しました。

【4回目】

 前屈位の制限は多少残るが、生活の中での痛みは無くなったそうです。
 次回は少し間隔を開けて施術することにしました。

【5回目】

 重いものを持ちあげた時に、痛みが再発してしまいました。無理をして痛みが再発したので、姿勢に注意することをお話しさせていただきました。
 ただ、日に日に痛みは良くなっているそうで、治療の効果はでています。

【6回目】

 痛みはすぐに治まったそうなので、治療の効果は出ているとおもいます。今回もアクティベータ療法とトリガーポイント療法で施術させていただきました。
 
【7回目】

 生活の中ではほとんど痛みは気にならなくなりました。まだ多少臀部から大腿部に張りがありますが、治療も終盤に来ていると思います。

【8回目】

いつも行くジムでトレーニング中に違和感が出たそうですが、痛みは感じなかったそうで良かったです。

 腰の調子は良いそうです。

 
 

 

コメント


認証コード6456

コメントは管理者の承認後に表示されます。