変形性股関節症の症例/めまい専門けんこうカイロ横浜

変形性股関節症の症例報告

【年齢】 50代女性

【主訴】

 右股関節の痛み。2016年秋から痛みが出始める。最近は痛みが強くなっている。

一日の中で午後から夕方にかけて痛みが強くなる。階段の登り、片足立ちの時に痛みが強い。病院では変形性股関節症と診断され、手術を勧められている。

 
 何とか手術はしないようにしたい。

【検査】

 股関節 屈曲 右:120度(膝頭が外旋方向に流れる)
        左:120度
     内旋 右:内旋制限が強く、ほとんど内旋出来ずに痛み
          がある。
        左:内旋制限はあるが、痛みは無し。
     内転 右:内転制限有り。

     右足:梨状筋、大腿筋膜張筋、ハムストリングス、
        大腿四頭筋筋力低下
     左足:中殿筋の筋力低下
     
 【1回目】

今回はアクティベータ療法で施術させていただきました。先ずは全身の調節をしてから、股関節、筋肉の調整をさせていただきました。

 【2回目】

 前回の施術後は痛みが無くなり、今日の坂を下りた時に痛みがあっただけだったそうです。
 今回もアクティベータ療法で施術させていただきました。

【結果】(院長記)
持参したXPをチェック。
確かに過去と比較すると関節腔は狭小化しているが、今すぐどうという事はない。
むしろ対側のカップが浅い方が気になるくらい。

屈曲で痛みはあるが120°まで曲がることを考えれば、痛みのコントロールができれば手術の必要は少ない、と説明。

初回治療後に痛みは消失した。

コメント


認証コード2809

コメントは管理者の承認後に表示されます。