日々是好日

映画 日々是好日を観ました。

最近、また映画にはまっています。

行かなくなるとしばらく行かないのですが、行きだすと続けて行くんですよね~。

そういうクライアントさんも時々いますが、同じような感覚なのでしょうね(笑)

日々是好日(にちにちこれこうじつ)は樹木希林さんの最後の作品(?)として話題になっています。

黒木華さんがお茶の稽古に行き、いろいろ学ぶお話です。

伝統・形式にこだわるのお茶の世界は一見奇異に見えますが、何らかの本質をついているようにも感じました。

「なんでって、そういうものなの。」
「頭で考えるな。自然と手が動く。(ようになるまで訓練せよ)」

など、師範である希林さんの言葉は、とても共感しました。

私もそうですが、とかく、頭で、理屈でものを考えてしまいます。

より合理的に、より科学的に、より簡単に。

お茶の稽古の様子を見ていると、不合理、非科学、複雑すぎです(笑)

私はおそらく3日と続かないです。(見てるだけで辛い気分でした)

でもそんな中に物事の本質がある・・・ような気にさせられます。

私もアクチベータを始めて15年。延べ2万人以上の方をケアしてきました。

師範には及ばないにしても、若手の指導もするようになりました。

もう少し極めたら、「なんでって、そういうものなの!」と言ってみたいです(笑)

映画は全体的にのんびりした進行で、ゆったり見ることができました。
暮れに向かって忙しい世の中ですが、のんびり映画でもいかがでしょうか。

コメント


認証コード1485

コメントは管理者の承認後に表示されます。