電話でのお問い合わせについて

最近、お電話でお問い合わせを頂くことが増えています。

HPで興味を持って頂き、わざわざ予約の電話をして下さる。

それ自体はとても嬉しいことです。

困るのは予約ではなく、HPの内容を全く見ていないで【どんなことをするんですか?】【○○は治りますか?】【病院でこう言われたんですが・・】という相談電話です。

昔、ヒマだった頃はこのような電話にも丁寧にお答えしていました。

それで気が付いたことがあります。

こういう電話をしてくる方は実際には来院しないことが多いのです。

最後の最後、「ご予約で宜しいですか?」と伺うとまた連絡します、ときます。

全く無駄だったとは言いませんが、情報という価値を提供して、時間を消費した見返りがあったとは思えません。

そもそも、みなさんは病院に行くときに電話をかけて【どんな治療をするんですか?】【○○は治りますか?】【他の病院でこう言われたんですが・・】と相談するでしょうか?
ホントはしてもいいと思いますが、あまり一般的ではないでしょう。

当センターでは、稀に受付さんやスタッフが対応して優しくしてくれることがありますが(笑)、私は相談電話には対応しません。

初診の方は、電話はあくまでも予約を取るためのツールとしてお使い下さい。

「ご予約で宜しいですか?」と伺いますからご都合の良い日時をお伝えください。

HPに書いてあることは原則HPを見てください、とお願いしています。

何か聞きたいことがあれば施術時間にお願いします。

(来院経験のある方の相談はもちろん歓迎ですが、こちらからかけ直させて頂く場合があります。)

電話は相手の時間を容赦なく奪っている事実を少し考えて頂ければ幸いです。(特に営業電話!)

私の仕事はまだ見たことがない電話先の方に情報を提供することではなく、目の前にいるクライアントさんに元気になって頂くことです。

電話では塩対応ですが(笑)、実際には明るいタイプですのでよろしくお願いいたします。

コメント


認証コード5537

コメントは管理者の承認後に表示されます。