BBIT試験終了

昨年から勉強を始めた、機能神経学を小児発達障害に対して応用する勉強会(BBIT)の修了試験がなんと1/5に開催されました。

それに合格しないと次のステップに進めないという厳しい(?)試験のため、元旦から一滴も飲まずにいました。
(必ずしも勉強だけしていたかというとそうでもない(笑)

久しぶりに懇親会で飲んだら、酔いは早いわ、お腹は下すわで大変です・・。

今回が一期生なので、合格点というのは無いそうで平均点近くあれば大丈夫という事ですが、若い方々が熱心なのでついていくのがやっとです。

座学には脳の錆びを感じましたね~。

修了試験も終わったことで、ボチボチ子供の発達障害のケアにも本腰を入れようかと思っています。

昨年は2名(小2、中2)に受けて頂きましたが、まずまずの良い結果となりました。

対称はASD(自閉症スペクトラム障害)、ADHD(注意欠陥多動性障害)、LD(学習障害)から、それに付随する姿勢の悪さや聴覚視覚との連動制の低下、二つの事ができないなどの運動能力低下などなどです。

医師の診断は必ずしも必要ないですが、あまり重度の場合はお断りさせて頂く事もあります。

施術頻度の関係で1.2カ月に1名のみの受付になります。

ご希望の方はお問合せ下さい。

明日から仕事始めです。
今年も頑張って参りましょう!

コメント


認証コード1595

コメントは管理者の承認後に表示されます。