スターウォーズ完結

もう昨年の事ですが、スターウォーズ完結編を観てきました。

まぁ、アメリカンな映画ですから、ネタバレするでもなく観なくても結果は分かるというわけで(笑)

皆さんが想像通りのお話です。

前々作を映画館で観て、前作は観ていなかったようですが、何の問題もなく話に入れたし、何があったのか内容も理解できました。

公開直前には地上波で前作をやってたみたいですね。

映画館は音響も良く、画面も大きいので、ああいったアクションもの?はとてもいいですね。

4DXで観たらもっとアトラクションぽくなるのでしょうか?

まだ観てない方は4DXでも試してみて下さい。

いつも思うのが、アメリカンな映画は絶対悪と主人公が戦う感じが多いですよね。

最終的には主人公チームがやっつける訳ですが、やられた方にも家族や生活があるはずで。

特に末端の兵士たちは様々な理由でそこに所属していたりするので必ずしも悪の手先とは言えない可能性もあります。

一概に信念や方向性の違いがあるからと言って、ぶっ潰していいという価値観には疑問を持っちゃうんですよね・・・。

なんて、小難しい事を散りゆく敵兵を見ながら考えちゃいました(笑)

子供の頃から見てきたスターウォーズがやっと完結。

まぁ、良しとしましょう。

世界平和の為に、人類がフォースと共にありますように。

次はカイジでも観に行こうかと考え中です。

【悪魔的だ~!!】

コメント


認証コード1726

コメントは管理者の承認後に表示されます。