ウイルスと細菌

スタッフの義澤です。

みなさんウイルスと細菌の違いをご存じでしょうか?
よくウイルスによるものでも菌がうつるだなんて、ついつい言ってしまいますね。
細菌とウイルスの違いについて少しだけお話ししたいと思います。

細菌とは単細胞生物。つまり生物です!
ウイルスとは生物と非生物との間の曖昧な存在。つまり物体なんです!
ウイルスは生物の細胞を利用して自分を複製していきます。
自分を増やすために生物に感染していくのです。

感染した時には細菌には抗生物質が使われ、ウイルスには抗ウイルス薬が使われます。
風邪は約80~90%はウイルス感染と言われていて、細菌によるものは10~20%程度なんです。
よく風邪をひいた時に、とりあえず抗生物質…っていうのは変ですよね(笑)
なぜ風邪で抗生物質を使うかというと、細菌感染を合併している場合が多いかららしいです。

このウイルスと細菌の違いについて、更に詳しく知りたいという方は、YouTubeでオリエンタルラジオの中田敦彦さんが2回に分けて動画をだしています。
マスクする意味についてもなどお話しがありました。興味があれば見てください!

コメント


認証コード2320

コメントは管理者の承認後に表示されます。