走り方

スタッフの義澤です。

みなさんスプリントコーチってご存知でしょうか?
走ることに特化したコーチのことです。
このスプリントコーチをしている秋本真吾さんの本を読んでみました。

私は小学生の頃は足が速かったのですが、中学で全く速くならず、自己ベストが小学生の頃と同じ、高校ではサッカー部の中ではかなり遅い方でした。
そのため足が速かったらなぁなんて思ったこともありました。
歳をとった今でもこの本で速くなれるのかと興味を持って読んでみました。

内容はというと、他のスプリントコーチの話を聞いたりしたこともあるのですが、この本を読むと言っていることはほぼ同じだと思いました。
しかし、個人的にはこの本が一番わかりやすかったです。
秋本さんも伝え方を大事にしているようなので、それでかもしれません。
本にはトレーニング方法なども載っているので、足を速くするため試してみたいと思います!

少し前に陸王というドラマがありました。
その時にミッドフット走法が話題になっていたと思いますが、あるマラソンの大会でトップを独占したのはフォアフット走法の選手だったそうです。

私自身の走りを思い返すと、リアフット走法をしている時期は怪我が多かった気がします。
フォアフット走法を意識していた時期は(できていたかは不明ですが)、反応が早く怪我少なかった気がします。

サッカーをしているとサッカーは教わるし、どうしたらいいか考えたりもしますが、走り方は教わったり、意識はしないと思います。
走るということをするのに、間違った走り方をしてしまうのはもったいないですね。
パフォーマンスを上げていくのに、スポーツをする方は走り方を学んで、意識してみるといいかもしれません。

コメント


認証コード7914

コメントは管理者の承認後に表示されます。