めまい・腰痛・発達障害・坐骨神経痛・膝痛専門!横浜・関内で整体・カイロ院をお探しの方

スタッフ blog

お知らせ & 最近の出来事

マスクってそんなに必要?

マスクってそんなに必要?

先日、横浜スタジアムのチケットを頂いて行ってきました。

バックネットの屋上で、バーベキューをしながら野球も楽しめるというスペシャルな席でとても楽しめました。

試合も4番のHRあり、ヤスアキジャンプあり、最後は三嶋がピシッと締めるというベイスターズの理想的な勝利で終わり満足でした。

今年はイマイチかと思ってましたが、夏場に調子を上げてますね。

巨人が野手にリリーフさせた以来もたついているので一気に首位奪還までいけるかも??

試合、球場はとても楽しめたのですが、気になったのが感染対策と称してマスク着用にうるさい。
入場時マスクがないと入れない、試合中も外すな、外していると何度も注意に来る。
食事中だっちゅうの!

ドームならともかく、ハマスタは外ですよ?風もある。今回は屋上だし。
しかも応援は拍手だけで声を出さないようにしている。
マスクがある事でなんの益を期待し、マスクをしない事で何のリスクがあると思うのだろうか??

まぁ、スタッフは仕事ですから上からの指示でやってるわけでわざわざ大変だと思いますが、マスクしてさえいればいいという社会的デタラメな風潮を改善して欲しいです。

マスクさえしていれば大丈夫、マスクしない奴は不謹慎で許せない、本当はしたくないけど人の目があるからしないと・・・という日本の村社会的な風習は考え物です。

野外でのマスク着用は感染症予防に益がないどころか、今の時期は大きな害です。

このウイルスは空気感染しないので、野外での感染リスクはほぼゼロだと言われています。
もし野外で空気感染するなら、満員電車等でとっくに集団感染しまくってるはずですが、まだ一件も報告されていませんよね。

適切に換気していれば密な状況でも感染する事はほぼないと言えるでしょう。

三密対策とは、当初、密集、密接、密閉の三つの密が揃わないように!という対策だったはずですが、いつの間にか一密も許さない!という風潮に変わってしまったようです。

ザ・日本型不寛容社会(笑)

半年経っても1000人程度しか亡くなっていない武漢ウイルスよりも、熱中症の方がよほど危ないのはそろそろみなさん分かりますよね?

私は元々夏場に強くなく、過去数回熱中症で倒れているので、この時期、屋外でのマスクはしません。
屋内でも換気ができていたり、いわゆる三密でない場所ではしません。

最近では無いと入れない場所とかあるのでカモフラージュ的に持ち歩いてはいますが(笑)

あんなペラペラのマスクに着用者の感染を予防する効果はありません。
屋外でのマスク着用は必要ないとWHOですら言っています。
飛沫感染と言いますが、飛沫が飛ぶのはどんな時ですか?

誰の為にマスクが必要なのか、本当に必要なのか、正しい情報を個々人でよく分析して頂ければと思います。

対策やってますよ感を出すために色んな施設で検温・マスク着用を推進していますが、スタッフの仕事は増えるし、客は鬱陶しいし、止めればいいのに。

当センターでは体温計の用意もありますが、クライアントさんの自己申告を信用しています。

発熱・呼吸器症状・味覚嗅覚症状のある方は当面、お断りしておりますので自己判断で来院しないでくださいね!(笑)

三密対策をしていますので、マスクは外して結構です。

正しい判断は正しい情報と正しい分析の上にはじめて成立する!
Byヤン・ウエンリー

コメント


認証コード4387

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional