コロナの遺伝子

スタッフの義澤です。

先日、YouTubeで堀江貴文氏が遺伝子のお話しをされていました。
その中でコロナの事も話があったので、今回はそのお話しです。

PCR検査について、PCR検査とはポリメラーゼ連鎖反応というDNAサンプルの特定領域を数百万~数十億倍に増幅させる検査方法で、素早い検査が可能だが、ウイルス量や検体の取り方によって正確さが変化するとのこと。
ちょっとでも違うものが混じってしまうと、きちんと解析できず偽陽性や偽陰性が出てしまうとのことです。
PCR検査については、疑問に思っている方も多いかと思います。
誰か本当の専門家にこのあたりの説明をしてほしいものですね。

ヨーロッパの方の研究でコロナの重症化する遺伝子がわかってきていて、二つの遺伝子があるようです。
そのうち一つは日本人では重症化する遺伝子を持っている人がいないそうです。
重症化する遺伝子が一つないということは、アメリカやヨーロッパの方の方々に比べて、日本などアジアの方が重症化する人が少ないのが理解できますね。

コメント


認証コード4463

コメントは管理者の承認後に表示されます。