自粛協力金

世論沸騰中の飲食店対象の自粛協力金。
まぁ、不公平極まりない制度で運用していますのでネットは大騒ぎですね(笑)

店の規模に関わらず、一律月180万円出る模様です。
売上一日2万程度の田舎のスナックは休んでるだけでぼろ儲けで、従業員抱える大手はキツキツ(無理)という、どうしようもない政策。

誰が考えたんでしょうね?(笑)

ちょっと頭使えば、先日、家賃の給付金がありましたから、そのデータを使って家賃を再支援すればいいだけなのに。

バーやクラブなど営業時間がもろに自粛にかかる夜の店には100%に近い額にして、元々0時前に締めてた個人の居酒屋等には60%にするとかで全然いいでしょ。
残りの4割は昼間稼いで貰えばいい。

そして大変な思いをしているのはみんな一緒なので、住民一人当たりなり、持続化給付受けた企業なりに1人一律給付金10万円でも配っておけば全く不公平感ないですけど。

家賃が出て、月10万円あっても生きていけないほど日本は悪い国ではないし、それでダメならそもそも潰れた方がいい店だと思います。

近所に年内で閉めた夜もやってた喫茶店風飲食店がありましたが、半月待ってれば180万円貰えたと思えば悔しいだろうなぁ(笑)

当院は変わらずやります。

あんまりクライアントさんが少ないと自粛しちゃいますから、皆さん、出歩く際にはついでにお越しくださいね!

コメント


認証コード3546

コメントは管理者の承認後に表示されます。