めまい・腰痛・発達障害・坐骨神経痛・膝痛専門!横浜・関内で整体・カイロ院をお探しの方

スタッフ blog

お知らせ & 最近の出来事

スポーツ選手の不祥事

スポーツ選手の不祥事

私の好きなスポーツと言えば、よく見るのは野球と相撲です。

目に触れる機会が多いというのもありますが、よく見ますし注目しています。

見て楽しい競技はなんといってもラグビーですが、なかなか見る機会がないですので、選手もよく知りません・・・。

そんな野球と相撲でここ数日で不祥事が相次いでいます。

①大関が場所の直前にキャバクラ通いをしていて、厳罰必死な状況。

②複数の野球選手がホテルに女の子を呼んで会食

③野球選手が不倫がばれて謹慎していて、復帰してすぐに別の不倫発覚

どれもコメント欄には「ケシカラン病」の正義厨が溢れていて、日本の闇を感じさせます。

ご覧になった事がない方はヤフコメ欄を一回見てみると、「あ~、病んでるな~(笑)」と感じられると思います。

それぞれの不祥事は新型コロナのせいで所属する組織の中で(勝手に)ルールができて、それに違反しただけの話で、第三者にガタガタ言われる筋合いのものではありません。

その組織内のルールに従って対処すればいいだけの事で、ワイドショーでしつこく取り上げることじゃないでしょう?

他に大事なニュース山ほどあるでしょうに・・・。

個人的には①②は同情100%です。

③はさすがに脇が甘過ぎるので、恐らくウッズ選手と同じ病気なんだろうな、と思います。
でもコロナじゃなければ元々大した騒ぎではなかったはずなので被害者ではあると思います。

去年まで良かったことが突然ダメになり、それどころか社会的に抹殺される勢いというのはどうも解せません。

もちろん、同業者や関係者には平謝りでしょうけれども、それで済ませて頂いて業界関係者には寛大な処置をお願いしたいところです。

何のためのルールなのか。
誰のためのルールなのか。

司法の常識は疑わしきは罰せず。

目的が感染予防であれば、結果として感染していなければ問題ないはずで、厳罰を科す必要もないのでは?

結果として感染したならば、ルールを守っていようがいまいが、どうでもいい話で、結果責任を自分で負ってもらうだけ。

遊んでいて感染しようが、経路が全く分からなかろうが、結果は同じ。
一感染者であることに変わりはなく、役所の仕事も待機の日数も同じですから。

年内には100万人に達するかもしれない感染者。
そうなると100人に一人は感染する計算です。

そうなるとどこにでもいるレベルの話なので、厳罰や差別のないようにして頂きたいと思います。

しかし、ロッテの選手はちょっと毛並みが違うのでさすがにもうダメかもしれませんね~・・。
才能ある選手だったので元ロッテファンとしては残念です。

コメント


認証コード7287

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional