めまい・腰痛・発達障害・坐骨神経痛・膝痛専門!横浜・関内で整体・カイロ院をお探しの方

スタッフ blog

お知らせ & 最近の出来事

横浜市は健康保険の減免する気なし? 

横浜市は健康保険の減免する気なし? 

個人事業主には憂鬱な季節になりました。

住民税やら健康保険税やら、支払いの季節です(笑)

コロナのせいで売り上げ減少が見込まれる場合、健康保険は減免の申請ができます。

過去二年は全部ではないものの減免申請ができたのですが、今年は基準が相当厳しく、どうも申請できない感じです。

何といっても、去年と売り上げを比較して30%以上の減でないとダメなのです。
しかも期間指定ではなく、年間の売り上げ見込みで。

いやいや、コロナ前は2020年でしょ?
去年はむしろ、まんぼうだの自粛だの結構色々ありましたけど??

去年自体がコロナ禍なんだから、そこから30%落ちたら、大抵の事業は潰れますよ(笑)

今年はありがたいことに、上半期は平均して去年と同レベルです。
前半はマンボウでしたが、3月以降はほどほどです。
ということは30%も落ちるわけがありません・・・。

それでもコロナのせいだけではないかもしれませんが、足が遠のいた常連だった高齢のクライアントさんや、新規の減少などは大きくは改善しておらず、以前には全然及ばないですから、影響はないとは言えないと思います。

まぁ、コロナのせいで予約をあまり詰めずにのんびりやるスタイルに変更したら身体が慣れちゃって、あまり働けなくなったような気もしないでもないです(笑)

2020年と比べればギリギリ30%くらいは落ちてそうなのですが、横浜市はやる気ないですよね(他の自治体は知りません)

毎度愚痴っていますが、住民税均等割りが自宅と治療院で二重に取られます。
みどり税とかいう謎な税金も二重です。
理由は役所曰く「区が違う、昔からそう」という事なのですが、(横浜)市民税、(神奈川)県民税ですよね?
同じ市に住み、同じ市内で仕事をしているのに、二重取りされるのは納得いきません。(が、面倒なので戦う気もしません)

ちなみに東京都に確認したところ、東京都では都内在住であれば自宅だけ。
事業所は県外在住者の場合は事業所分も課税するという事でした。
市県民税として、当然だと思います。
横浜は異常。
日本一税金が高い市と言われて久しいですが、やり方がえぐいんですよね。

維新が強くなって議員が増えたら陳情しようかと思うこの頃(笑)

3年ぶりに健康保険をたくさん払うと思うと頭がいたいです・・。

私なんてこの20年、病院といえば歯のクリーニングと、コンタクト流した時の眼科くらいしかいかないので、全部自費でも年間10万円も使いません。
去年、熱出して、家族がどうしても病院に行けというので休日診療に行った事がありましたが、それも本来なら行かないですからねぇ・・。
髪の毛の薬は自費ですし。

絶対自費で診てもらった方が安いんですけど、何とかならんものでしょうかね・・・。

多くの方と同じように税金なんて払いたくはないですが、払うときにはにっこりと、世のため日本のためになって頑張ってきてね!と諭吉さんたちを送り出します。
頼むよ、ホントに!

コメント


認証コード2432

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional